2017/12/22

10月度発表会

月に一度のアートデザインスクール天神橋での発表会。
スクールメンバーが作品を持ち寄り、感想を言ったり、意見交換をします!

今回は、クリエイターコース 10月度発表会の作品を一部ご紹介します。


クロッキー
10hapyoukai4.jpg

「迷い線が多い。」
「全体のバランスがうまく取れない。」
「クロッキーをする回数は少ないけれど、時間内に全身が描けるようになってきた。」
などの意見や感想が出ました。

クロッキーは、短時間で実際にあるものを見たとおりに描く訓練です。
オリジナルを描く時のように、絵に描き手の癖やデフォルメが入り、
実物をそのまま描くというのはなかなか難しいです。

描けるようになるには、見て描いて数をこなしていくしかありません。
すぐには目に見える成果はないかもしれませんが、
コツコツ地道にやっていくと、バランスの取り方や時間配分などに慣れていくのが実感できます。
何事も続けることが大事ですね


旅行記
10hapyoukai1.jpg

会社の社報に載せたとのことで、
「人に見せるものなので、どうすればおもしろく伝えられるのか?」
を描くうえで意識したそうです。

旅行先の現地の人の表情や顔つき、地図やご当地グルメなど、
普段のゆるい絵柄に合わせつつ、一発で見て分かるようになっています。

「誰に、どういう目的で見せるのか?何を伝えたいのか?」
をキチンと考えて描くことは、仕事をするうえでも大切です

描き手本人が楽しいことはもちろんですが、
人に見せるうえで絵を描く目的や意図を改めて意識すべきだと感じました。



道具の制作
10hapyoukai2.jpg

こちらは竹籠を編む時に、底が動かないように固定させる道具です。
完成時にはこの板は外します。
直接的な材料ではないですが、制作には欠かせないとのことです。

作品や商品によっては下準備が必要で、
丈夫でしっかりした質のものにするには大切なことです。

手間暇かける労力は正直たいへんですが、
自分の作品を手にした人が喜んでくれたら嬉しくなります
そして、制作意欲に繋がります!



イメージイラスト
10hapyoukai5.jpg

昔から大きい生き物と小さい女の子の組み合わせが好きで、描いたそうです。

「このイラストは怖がらせるつもりなのか、
ほのぼのとした雰囲気を感じさせるつもりで描いたのか知りたい。」
という質問がありました。

それに対し、描き手本人からは
「今回、特に左上の女性のイラストは怖がらせるつもりで描いた。」とのこと。

描きたいモチーフやテーマが決まっていても、
絵の構図や、画材や画風、色調、キャラクターの表情や仕草などの表現一つで
見る人によっては描き手の言いたいことがキチンと伝わらない場合があります。


どんな表現方法なら人にわかりやすく伝わるのかは、
描くだけではなく人に見せていくことで身についていきます



今回の発表会で特に印象に残ったのは
「絵を描くうえで意識していること。」

創作の根本に、「人に何を伝えたいのか?」ということを明確にする必要があります。

突き詰めれば
「自分はどんな絵を描いていきたいのか?どんな作品を作りたいと思っているのか?」
改めて言葉にするのは簡単なようで難しいです。

スクールのメンバーの中には
「額に入れて飾りたいと思ってもらえるぐらい、綺麗な絵が描きたい。」
「人が見て笑うようなおもしろいものが描きたい。」
「かわいい動物が描きたい。」
「日常的に長く使ってもらえるカバンやポーチが作りたい。」

など、考えている人もいれば、

「絵を仕事にしたいとは思っているけど、何を描きたいのか悩んでいる。」
と、今は漠然としている状態で描いている人もいます。

描いているうちに描きたいものや表現方法がパッと決まる場合もあれば、
今やっていることと180度方向性が変わることもあります。

たとえ方向性や表現方法が変わっても決して今までやってきたことは無駄にはなりませんし、
むしろ、その経験があったからこそ創作に活かされることがほとんどです。


何をしたいのか意識して、現在の自分自身のベストを尽くして一つ一つ作品を作っていきたいです
2017/12/15

9月度発表会

遅くなりましたが
今回はクリエイターコース
9月度発表会の作品をご紹介します。

発表会とは、月に一度作品を持ち寄り
アートデザインスクール天神橋のメンバー同士で意見や感想を出し合う機会です。



今回出た作品の一部は、こちらになります


デッサン
9-21.jpg

クロッキー
9-11.jpg

キャラクターイラスト
9-61.jpg

ポストカード
9-41.jpg

キャラクターグッズ
9-51.jpg

販売イベントの直後だったため、今回は商品として出している人が
多く感じました。


特に印象に残った作品が
次の2点です。

まずは巾着

9-71.jpg

他のメンバーから
「布の色合いや肌ざわり等、材料の質にもっとこだわってほしい。」
と感想がありました。

せっかく丁寧に時間をかけて作った商品でも
使用した材料の質で、安っぽく見えてしまうことは
とても勿体ないです。


「今後は、より材料にもこだわりを持って作っていきたい。」
と作ったメンバーも言っていたので、次が楽しみです


2点目は料理のイラストです。

9-31_20171104004023803.jpg

「最近、料理をすることが好きで料理の絵を描いてみたけれど
どんな風に描けば良いかわからなかった。」
と描いたメンバーは悩んでいました。

食べ物を描く時は、美味しく見えるように意識して描くことが大切です。
例えば、ラーメンやうどん等、熱い物には湯気を描く、
目玉焼きなら黄身の色にこだわったり、白身の端に焦げ目をつけると
美味しそうに見せることができます。

実際の料理も、色どりが良いと美味しそうに見えます。
絵で描く時も、同じように色どりにこだわることが必要です



発表会では
自分の作品に意見、感想をもらえることも良い点ですが
他の人の作品を見ることで、学ぶことも多いです。



例えば
商品は作るだけでなく素材の質も大事だということや
キャラクターを描いて売るために
世界観設定等の土台を考えるとより魅力的になること
等を聞いて勉強になっています。

自分が同じように、作りたい、売りたいと思った時に
知識があると行動しやすくなります。


自分の作品を出していくことは勿論
他の人の物を見て、聞いて、感じて
創作に活かしていきたいです。
2017/11/28

山本結子個展「ほっこりねこ展」のお知らせ

こんにちは、風景イラストレーターの山本結子です。

水彩を使って柔らかい風景や生き物のイラストを描いています。


この度、アートデザインスクール天神橋で行なわれる
㈱デザインソリッド「ねこねこクリスマスマーケット」内のカフェスペースにて
寒い冬にも”ほっこりねこ展を開催させて頂くこととなりました。

家の中でぬくぬく過ごす猫や、寒い日にも温もりを感じるイラストを製作中です♪
水彩で猫を描く際は毛並みや模様など、ふっくら見えるように注意して描いています。

DOLzetPV4AABk4l.jpg

いくつか原画もじっくりご覧いただけますので
カフェと共に、ふんわり暖かい猫と暮らす空間をお楽しみいただけます。


また、ねこねこクリスマスマーケット内の委託雑貨コーナーにて
新作のクリスマスにちなんだ雑貨委託販売して頂いております!

DJzszVOUIAAmyhh.jpg

そちらも合わせて楽しいイベントとなっておりますのでお暇がございましたら
是非お立ち寄りいただけますと幸いです


ねこねこクリスマスマーケットの詳細はコチラ
https://yapaevent.wixsite.com/neko3

DOLzg3WVAAAAXxl.jpg
DOLzg5iV4AA-OjU.jpg


風景イラストレーター 山本結子
twitter: https://twitter.com/tabi_yui
2017/11/17

販売イベントへの出店

9月に販売イベント
「OSAKAアート&てづくりバザール VOL.25」が開催され
アートデザインスクール天神橋から、3人のメンバーが出店しました。

今回は、当日のブース写真と出店者のコメントをご紹介します。



artb1.jpg

初めての場所、初めての設営、初めてのお買い上げなど、初めて尽くしの1日。
どんな年代の方が手に取るのか、どういう部分に興味が湧くのか、
物を売る側として今までにない視点でお客様を分析でき、
とても興味深い時間を過ごすことができました。

何より嬉しかったのは、自分の作品を面白がってくれたり
じっくり見てくれたことです。
今後の作品作りのモチベーションにもつながりました。



atb.jpg

今回は、ナマケモノのキャラクターを使った新商品を多数持っていきました。
シールやポストカード、ハンカチ等、どれも一生懸命作った商品ばかりですが
特に頑張った絵本を買っていただけて、とても嬉しかったです。
この気持ちを大切にして、今後も作品作りをしていきたいです。



artb2.jpg

幅広い年齢層の女性の方や、お子様(男の子、女の子の両方共)に、
比較的多く手に取って楽しんでもらえました。
今回は従来の商品だけでなく、新作のミニガマ口のシリーズも好評でした。
販売の方向性や、どういったものを中心に商品を展開していくかなどの道が
少し見えたように思います。



販売イベントへ出店の回数を重ねる毎により多くのことが学べます。

例えば
自分の作品や商品はどんな人が手に取ってくれるのか
どんな反応をしてもらえるのか

等です。

作った商品を全く手に取ってもらえず、へこむこともありますが
なぜ手に取ってもらえなかったのだろうか?
と考えるきっかけができ、次の作品や商品への意欲になります

実際、ナマケモノのキャラクター商品を作ったメンバーは
前回のイベントに出店して
他にもっとどんな商品を作れば手に取ってもらえるか
と考えるきっかけになりました。

日常生活で使用できるトートバックやハンカチ等の布小物なら
更に多くのお客さんに興味を持ってもらうことができるのではないか

と考えた結果、前回の出店の時よりも
お客さんに商品を手に取ってもらえて嬉しかったそうです。


商品作りやディスプレイ作り等、なかなか大変ですが
イベント出店することで得られる物も沢山あるので
これからも商品作りや出店を頑張っていきたいです
2017/10/20

8月度発表会

発表会とは、アートデザインスクール天神橋のメンバーが
月に一度作品を持ち寄り意見を出し合う機会です。

今回は、クリエイターコース8月度発表会の作品を一部紹介します



イメージイラスト
8-3.jpg
2枚とも同じ人が描いていますが、タッチや雰囲気が違います。
普段のイラストは、右側のようなシリアスな絵柄と色使いですが、
左側のコミカルな絵柄も描きやすかったとのことです。

普段の絵柄を知っているメンバーは、
最初見たときにいつもと雰囲気が違っていたので驚いていました。
イラストのタッチは模索中とのことで、今後の展開が楽しみです

どんな媒体に使うのかを考えずに、今回は描きたいと思ったものを描いています。
描きたいものを描くというのは、当たり前のはずですが難しいです。
描く人の状況や周りの環境によってはできないことが多く感じます。
それを如何に無理せず、自分が描きたい作品に近づけられるかが大事です。



キャラクターイラスト
8-1.jpg
「ケモノ娘」というテーマで、
狐をモチーフにしたことで鳥居、石段、木と背景を発想していったそうです。

「石段と鳥居の形や距離感が気になる。」
「お稲荷さんを描いた方がキャラクターとの繋がりがわかりやすいのではないか?」
という感想がありました。

描きこみが多ければいいというわけではないですが、
見る人がその作品に入り込んでもらえるように、
イラストの中に世界観が伝わるような情報を入れる必要があります。


キャラクターに力を入れがちになりますが、
イラストは全体のイメージに合わせて小道具や背景を描いていくことが大切です



ポーズイラスト
8-7.jpg
キャラクターに動きのあるイラストということで
「部活」をテーマにシリーズで描いていく予定だそうです。

「キャラが動きのあるポーズをしているのに、服や髪に動きを感じない。」
「テニス部にいた立場から見たら、ラケットの持ち方やフォームがありえない。」
という意見が出ました

自分の作品は、どの分野の精通した人が見るかわかりません。
例えば、機械に詳しい人に車の絵を見せた時に
「タイヤの前輪と後輪の位置が狭いので構造的にキチンと動かない。」と言われることがありえます。
リアル調ではなくデフォルメ調の絵でも、
見る人に違和感を持たせないように描く必要があります。
そのため、絵を描くにあたってモチーフの資料を集めて調べることは欠かせません。




8-2.jpg
巾着付きの籠は、和服に合わせて使えるように丸くて可愛らしい形を意識しています。

編み目の粗さは人によって好みがあります。
そして、形や大きさは用途によって左右されます。
性別や年代といった層を踏まえて、
自分がどの人たちにどう展開していきたいのかを考えることが大切です。


今回の籠の素材は紙ですが、今後は竹で製作していくことを考えているようです。
知識や技術、道具など新たに必要になることは多いですが、
商品として製作するには避けては通れない道だと感じます



今回の発表会で印象に残ったのは
「作品はアクが強すぎると、人には受け入れてもらうのは難しいということ」

インパクトのある作品は、人の目を惹きますが、
商品にできるまでの画力や制作者の思想や意図があるのかということが問われます

キャラクターの表情やポーズ、世界観、色使いなど
人が見て「これ良いなぁ」と、明確に一つでも感じてもらう工夫が必要です。

作品を見てもらいたい人のことを考えず自分がやりたいことを独りよがりになるのも、
周りの反応を気にしすぎて人の一挙一動に振り回されるのも良くないです。

発表会では、周りの意見を参考にしつつ、
自分のやりたいことや描きたいものを改めて見つめ直す力を鍛えています。
描いている自分も見る人も楽しくなるような作品を、もっと制作していきたいです