2017/07/04

4月度発表会

今回はかなり遅くなりましたが、アートデザインスクール天神橋
クリエイターコース4月度発表会の作品を紹介します

発表会は、月に一度スクールメンバーが作品を持ち寄り
意見や感想を言い合います。



イメージイラスト
3.jpg

「女性のキャラクター(真ん中にいるキャラクター)が
子供の頃に住んでいた町に帰ってきて懐かしむイメージで描いた。
自分の中では奥行きが出ている背景が描けて良かった。」

描いたメンバーが話していました。

人物キャラクターと背景のイラストを描きたい気持ちはあるが
背景を書き込む事が辛いので、今後どんなイラストを描いていこうかと
考えている最中だという事です。

趣味で描くならば、時間をかけ楽しく描く事ができるかもしれません。
ただ仕事として考えているのであれば、締め切りまでの時間や
仕事相手が求めている物等、制約があります。

それらを踏まえて、今描いているイラストの完成度で
継続していけるのかを考える事はとても大事
です。

今後、どんなイラストを見ることができるのか楽しみです



女の子のイラスト
4.jpg

描いたメンバーは
「実際にいる人物を参考にして描いた。
女の子を描いていると髪型や服装等が、自分の中でパターン化をしてしまい
モチベーションが落ちてくる。実際にいる人物を参考にする事で、色々な髪型や服装等
バリエーションが増え、楽しく描くことができた。」
と話しました。

イラストを描いていても楽しくないと感じる時は、
普段とは違う物を描いてみる
(例えば、人物キャラクターばかり描いている人は動物を描いてみたり)
または、いつもと違った画材を使ってみる等をして
楽しく描ける方法を探すことが大事だと思います。

なぜならクリエイター本人が楽しく描けたイラストは、線の勢いや、表現の仕方等で
見た人にも、楽しそうに描いたのだと伝わり魅力的にみえるから
です。

メンバーの話を聞いて、改めてイラストの描き方にも
色々あるのだと勉強になりました



エッセイ漫画
6.jpg

「ブログを作って、エッセイ漫画をアップしていきたい」
描いたメンバーが話しました。

他のメンバーからは、
「ブログも良いけど、本でまとめて読みたい!」
「全てカラーページだけれど、これからも全部カラーで描きたいのか?
モノクロで描いた方が楽なのではないか?」
と質問がありました。
描いたメンバーは
「今回は全てカラーで描いてみたけれど、途中でしんどくなってしまった。」とのこと。

見栄えをよくするため、全部カラーページにすることも良いですが
色を塗る労力や、ペースを考えた場合、全てをカラーにする必要はないと思います。

表紙や2,3ページだけカラーにして、後はモノクロで描いてみるのはどうか?と
提案がでました

余計な部分を省くすることにより、絵を描く時間短縮にも繋がります。
より楽に、楽しく描くために自分なりの工夫が大事です。




カエルのイラストとラフ画
1.jpg

「カエルの緑に赤紫が入った、不思議な色合いが好き」という感想がありました。

緑と赤紫は補色の関係になります。
補色とは、赤と青緑や黄色と青紫等、色相環で正反対に位置する色の組み合わせです。

今回、他のメンバーの感想で「不思議な色合いが好き」とありましたが
人によって目がチカチカし気持ち悪く見える色でもあります

ですが、ポスターやチラシでは補色関係を上手く使用し、目立たせることができます。
配色一つで、イラストのイメージが変わるので用途を考えて塗りたいです。



今回、発表会で印象に残ったことは
「描き込みだけが絵の良さではない」ということです。


上で紹介した「カエル」を描いたメンバーが
「ゆるいアリ」のイラストも出していました。
2.jpg

「カエルも良いけれど、アリの脱力感ある所が好き」
「このゆるい感じが癒される」
等の感想があり
この絵が好きというメンバーが多数いました。

リアルな動物や人物のイラストや、画面いっぱいに広がる細かな街の風景のイラスト等
情報量が多く繊細なイラストは、とても魅力的です。

しかし、このアリのようなゆるい線で描かれ、そこまで細かく描かれていないイラストも
同じくらい人を惹きつけると感じます。

細かく描き込みの多いイラストや、ゆるく分かりやすいイラスト等
人によっては楽しく描く事ができるイラストは違いますが
自分に無理せず、楽しめる描き方でイラストを描いていきたいです。



例えば、持ち込み用のポートフォリオや公募、個展等、
世の中へ自分の作品を出す前に、発表会で他のクリエイターに見せ
意見を聞ける事は、作品だけではなくクリエイターとしての意識向上にも
つながっていると感じます

次回の発表会では、更に良い作品が出せるように頑張りたいです。
2017/05/19

3月度発表会

月に一度、アートデザインスクール天神橋では
スクールメンバーが作品を持ち寄り、その作品に対して
意見や感想を言い合う発表会が行われています!


今回は、クリエイターコース3月度発表会の作品をご紹介します。



猫や人物キャラクターのイラスト
1 (2)
「猫の顔つきを描き分けすることで、一匹一匹に個性が出て更に良くなると思う。」
という感想がありました。
描いたメンバーは「昔飼っていた猫がモチーフで、小さい頃から描いていた。
猫の顔つきの描き分けや種類を増やしていきつつ
人間のキャラクターも描きたい。」
と話していました。

描き分けは勿論、性格や世界観(住んでいる環境や舞台)等を考えていくと
キャラクターの個性が出てきますし、愛着も更に湧いてきます。
このキャラクターを使ってどう展開していくのか楽しみです。



ライオンのイラスト
22_20170423130657a58.jpg
「発表会で、みんなにイラストを見てもらいたい!という気持ちがあった。
楽しく描ける物は何かと模索して描いて出たのがライオンだった。」

描いたメンバーが話していました。

他のメンバーからは「この描き方で、ライオン以外の動物ももっと見たい」
「本物のライオンとはあまり似ていないけど、線に力があり
とても魅力的」
という感想がありました。

楽しくのびのびと描けたイラストは、線や色味から
描いた人の楽しい思いが伝わってきて、とても魅力的に感じます。
ライオン以外の動物がどんな風に描かれるのか見てみたいです。



ポストカード
6_2017042312534233b.jpg
「クラゲのポストカードの色合いが綺麗で好き」という感想がありました。
描いたメンバーは、水族館にクラゲを見に行ってきたとのことです。

自分の中で記憶している動物や物の姿が
実際に観察してみると少し違っていたということがあります。
描きたい物を実際に見たり触ったりすることで、毛並みや動き
物なら質感や重さ等を感じる事で、より良いイラストが描けると思います。



鬼の少年キャラクター
88_201704231319141b1.jpg
描いたメンバー曰く「和風や美少年、妖怪と
自分が昔から好きな物を集めて描いて楽しかった。
更に楽しく描けるように、人間キャラクターをどうすればもっと描きやすく
なるか工夫して描きたい。」
ということです。

イラストを描くにあたり、楽しいという気持ちは大切です。
悩んでいる時こそ、自分が昔から好きな物を改めて考えることが
大切だと感じます。



今回の発表会で特に思ったことは「パッケージにもこだわりを」ということです。


自身のキャラクターを使い、シールを製作したメンバーがいました。

7_20170512185828267.jpg

今回はOPP袋にシールを入れるパッケージをしています。
これを見た他のメンバーから
「シールの後ろに色紙等、台紙を入れるとシールがより
華やかに見えてより良くなると思う。
台紙の裏には、このキャラクターの説明を入れていると、
どんなキャラクターなのかお客さんにもわかって
良いんじゃないか」
という意見がでました。


商品は作って終わりではありません。
イベント等で売るために、その商品にあうパッケージを考える必要があります。

より良い商品を作ることは勿論ですが、それにあったパッケージを考え作ることで
商品が華やかになり、今以上に「ほしい!」と思える物になる
と感じます。

世の中に販売されている商品を見て、
どんなパッケージがあるのか、どうしてこんなパッケージなのか等も
勉強していきたいです。


イラストや商品製作をしている最中は、なかなかアイディアが出ず
悩む時もありますが、そんな時でも楽しむ気持ちを忘れずに
描くことや作ることを続けていこうと思います
2017/05/02

作品展示のお知らせ

こんばんは、イラストレーターのtukiです。
生活のそばにあるものを、ペン線画と透明水彩でイラストを描いています。

昨年10月アートデザインスクール天神橋併設の、株式会社デザインソリッド1Fギャラリーにて個展を開催させて頂きました。

今回は、作品展示のお知らせとご案内です。

ただ今、大阪梅田のファッションビル・NU茶屋町で開催中の
GWイベント『茶屋町デザインVillage 2017 Color』にて、
イラストを三点展示して頂いています。


20170502161954593.jpg

『色』をテーマに展示やワークショップ、クラフトマルシェなど盛りだくさんのイベントです!

展示フロアごとにテーマカラーがあります。
私の作品を展示して頂く8Fは「穏やかさ・静かさ」のブルーグリーンがテーマです。
レストラン・ダイニングのフロアということもあり、ゆったり落ち着けるような優しい雰囲気を演出できればと思っています。


『茶屋町デザインVillage 2017 Color』
●NU×クリエイター スペシャルキャンバス●


<会場>
大阪梅田・NU茶屋町 3F・4F・5F・8F・9F
NU茶屋町プラス 1F・3F
※tukiの作品展示はNU茶屋町8Fになります※

<会期>
4月28日(金)~5月14日(日)

OPEN11:00ーCLOSE21:00
(レストラン・ダイニングはCLOSE24:00)


<公式ホームページ>
『茶屋町デザインVillage 2017 Color』


ぜひぜひ、見にいらして下さい!
2017/04/21

販売イベントに出店して

先月、関西では「OSAKAアート&てづくりバザール VOL.24」という
販売イベントがあり、アートデザインスクール天神橋のメンバー
3人が合同出店しました。


今回は、その時の様子をご紹介します。

IMG_250813.jpg
※写真はイベント当日のブースの様子です。

こんにちは、メンバーの「笹竹(ささたけ)」です。
私達3人はそれぞれ動物をモチーフにしたキャラクターを描いています。
イベントでは、そのキャラクターの絵を使った
マグカップやボールペン等を販売しました。

会場には、学生や親子連れ、ご年配の方や外国の方など、様々な人達が来ていて
自分の商品は人から見てどんな反応がもらえるのかドキドキしました。

IMG_25089.jpg

私は「ぱんだ」と「なまけもの」のキャラクター商品を販売していたのですが
外国の女性の方に、シールを「かわいい!!」と言って手に取ってもらえたことや
ボールペンを男性の方に買ってもらったことが、すごく嬉しかったです

そして、自分の描くキャラクターの商品が
人に喜んでもらえるのを見て少し自信がもてました。

実際にイベントに出店してみて感じたのはディスプレイも重要だと
いうことです。

出店前の準備中の時には、商品のシールを
机に直接並べて置いてディスプレイしていたのですが
お客さんから見え辛いと感じました。

そこで、今回は仕切りのある小物入れを使い
シールを斜めに立たせています。

他の出店者の方で、金属製のネットやフックを使い
シールをかけてディスプレイしているのを見て
色々な見せ方があるのだと感じました。

次に出るイベントまでに、ディスプレイも更に勉強したいです。

また、商品の数が少なく感じたため
今後は普段使いできそうなポーチやバック等の
布を使った商品を作りたいです



販売イベントに出店する事で、様々な事を学べます。
例えば、どんな人が自分の商品を手に取ってくれるのか
更に言えば、男性と女性どちらか、年齢はどのくらいなのか
どんな雰囲気の人なのか、という事がわかります。

しかし一回の出店では、傾向がわからないため
回数を重ねることが大事です。

また他の出店者の商品を見ることで
絵を使った商品にはどのような物があるのか知識が増え
どのようなディスプレイが目を惹くのかの勉強にもなります。

出店に興味はあるけれど
いきなり出るのはちょっと恥ずかしいという人は、
イベントに足を運んで、雰囲気を感じてみるのは
いかがでしょうか?
2017/04/07

2月度発表会 (後編)

引き続き、今回も2月度発表会の紹介です
前回の記事はコチラ→2月度発表会 (前編)



デザイン画
happyoukai5.jpg

花札から着想を経て、藤の花と蛇の目傘をモチーフにデザインしたとのことです。
特にこのデザインを何か商品にするために考えたわけではなく、
描きたい!という気持ちから制作しています。

以前は太い黒の主線で描いていたとのですが、
生活環境が変わって癒しを求めるようになり、
白の主線で柔らかい印象になるように心がけるようになったそうです。

作品は描いているときの環境に影響されやすいと思います。
疲れて気持ちが沈んでいるときは、筆が進まなかったり思うような絵が描けないことがあれば、
一方、ゆったりと落ち着いているときは、集中して描けて会心の作ができることもあります。
しんどい時は抱え込まず、気分転換をした方がいいかもしれませんね



キャラクターイラスト
happyoukai1.jpg

「ツリ目の女の子がかわいくて好き。」という意見がありました。

前までのキャラクターイラストは実際に見た人を描いていたので
少し硬くなっていたのかもしれないと、描いたメンバーは思っていたようです。

実際に見たものだけではなく、
そこに自分の好きなもののテイストを含めて描いていくと個性が出てきます。

好きなものは、顔や体の造形、性格などの内面的要素や仕草など何でもいいです。
自分の描きたいものを前面に出したほうが、見る人にもより明確に伝わるように感じます。

どこまで好きなものを絵に出せるかが大切です



キャラクターイラスト
happyoukai4.jpg

普段は、カバンやポーチなどの雑貨を作ることが多かったので
この絵は息抜きで描いたとのことです。

「久しぶりにこの絵柄で描いてストレス発散にもなって、楽しかった
と言っていました。

絵を描くにおいて、楽しむ気持ちがやっぱり大事ですからね。

普段の制作が好きなことでも、たまには違うことをするのも必要です。
違うことをすると視点や気持ちを切り替えることができるので、普段の制作のヒントや新たなアイディアに繋がります。



組紐
happyoukai8.jpg

組紐とは、複数の糸を織り込んで作った紐のことです。

今回の発表会でこの作品を見たメンバーが
「靴紐を作って、靴をデコパージュすれば新しい作品ができるのではないか。」
と提案すると、制作したメンバーは、靴のアイディアは思いつかなかったようでとても関心を示していました。

興味のあることに何でも挑戦していく姿勢は、本人だけではなく周りの人にもやる気を与えてくれます
次の作品がどんな風にできるのか楽しみです



今回の発表会で特に印象に残ったのは
「趣味と仕事(実益)について」

絵の仕事に興味があって、趣味で絵を描いている人の中には
・本当は絵で生計を立てたいけど言うのが恥ずかしい。
・仕事にするには自分はまだまだだと、謙遜して制作している。

場合が多く感じます。


また、時間や内容に制限されず自由に制作したいから、仕事にするには考えていないという方もいると思います。

どんな場合であれ、絵を描くことが好きなことには変わらないはずです。
趣味と仕事で、制作に対する本気度が違うことはありません

実際に趣味から始めて作ったものをSNSにあげたところ、
制作者同士のコミュティが広がった、実際に商品化したという話や
イベントで販売したら、注文が入るようになったという話を聞いたことがあります。

また、有名なピーター・ラビットは、著者が知り合いの息子に送った絵手紙が評判が良く、
出版のきっかけになっています。
どれも稀な事例かもしれませんが、絵を描いたり制作が本当に好きで作品を人に見せたからできることです。


作品にしたからにはもっと世間にアピールすべきだと思います。

自分の作品を見てくれた人が、笑顔で楽しそうにしてくれると嬉しくなります
人と共有できると嬉しいですし、もっと楽しんでもらえる作品にしよう!とやる気になりますしね。



発表会は、自分の作品を他のメンバーが客観的に見て意見を出してくれることも
人の作品を見ることも勉強になるのでドキドキしておもしろいです。
作品を良くするチャンスとして、発表の場を大事にしていきたいです