FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018/09/21

8月度発表会

毎月恒例の発表会。
発表会では、アートデザインスクールの会員達が作品を持ち寄り、
意見や感想を出し合う機会になっています。

今回は、クリエイターコース
8月度発表会の作品を一部ご紹介します


デッサン
8hapyyou5.jpg

8hapyyou6.jpg

「びくびくしながら描いてしまい、筆圧調整ができていない。」
「描き続けてきたので、今までに比べたらきれいに描けている。」
「モチーフの重さや質感が感じないので、明暗差をハッキリ描く必要がある。」
といった意見が出ました。

形や質感、構図、空間の把握などの表現は、人によって得意不得意があります。
自分の作品や商品を制作するにあたって、
苦手なことを完全に避けていくのは難しいです。


デッサンでは、苦手なことは浮き彫りになるだけではなく鍛えていくこともできます。
デッサンをするにあたって、自分は今回どう描くのかを決めることが重要です。

「形をとるのが苦手だから、そこを重点的に描きたい。」
「オリジナルのイラストに活かせるように構図の取り方をしっかりしたい。」
といった具合に意識していかないと、
ただ目的もなしに描いても正直なかなか身につかないと思います。


設定書
8hapyyou1.jpg

こちらは、キャラクターを描いたら設定を作りたくなって書いたとのことです。

設定書は
「どれだけ設定として出せるか?」
「わかりやすく伝わるか?」ということが大切です。


口頭での説明があったのですが、設定書を見ただけで伝わらないと意味がありません。

世界観、キャラクターの性格や関係性といった具体的な設定をもっと練ったものが
仕上がるのが楽しみです。


商品アイディアスケッチ
8hapyyou2.jpg

猫をモチーフとした商品案です。
アクセサリーやポーチなど、92点もの案が並びました。

数を出すことはもちろんですが、
その中から自分のお気に入りを考え選び抜くことが必要です。

実際にお店に並んでいる商品をじっくり見て、
どういうものが市場に出て売れているのかマーケティングしないと企画は難しいです。

ただ商品企画において、流行や万人受けすることに囚われず、
「自分がほしいと思えるのか」ということを大事にしてほしいと感じます。


イラスト
8hapyyou4.jpg

「原画と個展で貼りだしていたパネルの色味が違うのがもったいない。」という意見が多くありました。
印刷前の編集の仕方が問題なのでは?ということでした。

作品を原画だけで市場に出すことは少ないです。
雑誌や書籍の挿絵、ホームページのイラストや動画、店舗のデザインなど、
様々な媒体で作品は展開されています。
媒体に合わせて、
人への見せ方を考慮した展開や編集をキチンと考慮する必要があります。


作品は描いたら終わり!ではないことを認識しないといけないですね。



「人に見せる」ということの重要性を発表会を通して感じます。

自分の作品を人に見せることで、気づかなかった発見があったり、
人の作品を見て意見をいうことで、伝わりやすい言葉を考えるようになっていきます。

作品が完成していても途中でも、気軽に作品を発表会に出して人に見せる機会を大事にしていきたいです
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。