FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/10/06

お絵描き課題

アートデザインスクール天神橋では週に1回、
課題に沿った作品制作の訓練をしています。
題して「お絵描き課題

名前は可愛らしいですが、
約1時間という時間で
どれだけテーマを理解してカタチにできるか、が問われる実践的な訓練です。


今回のテーマは「廃墟と時間」です。

oekaki.jpg

「廃墟」というと過去のものとして表現しがちですが、
このテーマの意図は、作品の中に未来を感じさせるかどうか、

ということ。


単にイラストレーションとしてだけでなく、
どのような媒体として使うのかも考えないといけません。

アニメーションにして、時間の流れを感じさせる工夫しているもの、
時計を媒体にして、廃墟から再生を示唆するもの、
小説の表紙として、見る人に世界を想像させるもの、

といった表現が今回出ました


人が見た時に
テーマの意図がきちんと認識、意識してもらえないと作品として成り立ちません。
アイディアだけではなく作品の力をどう伝えるのか、
+αで魅せる工夫をしていくことが大切になってきます。



自分が描きたいものに時間をかけることも良いですが、
絵を仕事として描くときに、依頼主の要望や締め切りは重要です。



「お絵描き課題」では、短時間でテーマを意識して絵を描くいい訓練になっています。
「発表会」とはまた違った制作の機会なので、
スクールメンバーも有効的に活用しています。

例えば、このブログを読んでくださっている方々では、
今回のテーマ「廃墟と時間」では一体どんな作品に仕上がるのでしょうか?
もし絵のテーマがなかなか決まらないという方は、
今回チャレンジしてみるのはいかがでしょうか
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。