2017/07/21

6月度発表会

毎日暑いですね。
暑さで集中力が途切れてしまうこともありますが、頑張って制作していきたいです。

アートデザインスクール天神橋での月に一度ある発表会では
メンバーは暑さに負けじと作品を見せ、熱く意見を出していました。

今回は、クリエイターコース6月度発表会の作品を一部紹介します。



クロッキー
h6-7.jpg

クロッキーとは、モチーフの印象を素早く捉えて描くことです。
この画像は、数人のメンバーが描いたものを1枚にまとめています。

「時間内に全身を描ききることを心がけた。」
「1枚の枠の中にキチンと収めるようにした。」
「上半身を大きく書いてしまう癖があるので、癖が出ないように気をつけた。」
とそれぞれ目標を決めて取り組んでいました。

クロッキーは、対象を観察することが大事です
基礎をしっかり重ねていくことで、描けるものの幅が広がっていきます。


キャラクターイラスト
h6-3.jpg

前回までは、主線と塗りのすべてをパソコンで描いていました。

今回は、塗りを色鉛筆にしたところ、
すべてパソコンで描くより作業効率が上がったそうです。
どうしたら自分が楽に描けるのかは、試行錯誤を重ねないとわかりません。

「ポーズの一つ一つが、どういう状況かが見えてこない。」
「空間がさみしく見える。」
という意見がありました。
それに対して描いているメンバー曰く
練習という意識が強く、モデルを見て描いて満足して終わっている気持ちがある
とのこと

技術を身につけるための基礎固めとして描く練習は必要ですが、
いつまでも「練習」という気持ちでは誰も作品として見てくれません。
自分はこの絵で何をしたいのかを考えて描くことが大事です。



エッセイ漫画
h6-5.jpg

「一コマ一コマ、線まで気を使っているのがよくわかるけれど、
内容として訴えかけるものが弱い。」という感想がありました。

エッセイ漫画は実話を基にしているので難しいですが、
どこがおもしろいのか、何を描きたいのかしっかりしていないと
読む人には何も伝わらないように感じます。

例えば、日常のあるあるネタを見て共感してほしいのか、
小ネタや紹介で知識や情報を提供したいのか、
読み手に対してのアクションがはっきりしていないと漫画として成り立ちません

漫画のセリフの置き方や読みやすさといった技術的なことはもちろん大事ですが、
何が描きたいのかを根本的にみつめる必要があります。


4コマ漫画
h6-4.jpg

仕事が行き詰っていた時にストレス発散で描いたものだそうです。
ゆるいキャラクターや、不思議で独特な絵柄とネタで
スクールメンバーのほとんどは作品に引き込まれていました。

ただ、現在の環境や心情で描けているものなので、
今後頭打ちになる可能性があるとのこと。
例えば、書籍や新聞などどこかに載せることを視野に入れて描くといった具合に
方向性を考えることが必要です。


この漫画がどのように展開していくか楽しみです



今回特に印象に残ったことは「目的意識を持って制作すること」

描いている絵をどうしたいのか、誰に見てもらいたいのか、
はっきりと目的や方向性を決めていないと、
描いたという自己満足で終わってしまいます。

物事に挑戦する姿勢は良いと思いますが、
「とりあえず」という気持ちで色々と手をつけていっても飽きたり、しんどくなって
また他のことに目移りして手をつけるという繰り返しになります。

新しい技法や画材やモチーフなど、興味のあること、やりたいことは
人によってたくさんあると思います。
ただ興味があるからだけではなく、どうして取り組むのか、どうしていきたいのか
目的がないと何も身につきません。


取り組んでできないと思ったこと、しんどいことを無理してやる必要はないですが、
やるからには、「極めてやるぞ」というぐらいの気持ちで挑むことが大事です。

スクールの発表会で作品を人に見せることは、自分の目的を伝える機会になっています。
ここできちんと目的を伝えることができれば、絵の仕事をするうえで繋がっていくと感じています。

「とりあえず」と片っ端から手を付けようとするのは「何かしないと!」と焦っているからです。
時間は有限ですから焦る気持ちは誰にだってあると思います。
だからこそ、むやみやたらにではなく一つ一つ目的意識を持って作品を制作していきたいです
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント