2017/07/14

5月度発表会

年を重ねるごとに月日の流れが早く感じます。
時間は有限なので難しいとは思いますが、1分1秒を大事に制作したいものです。

月に一度ある発表会は
アートデザインスクール天神橋のメンバーが作品を見せ意見を交わす機会になっています。
毎回メンバーは締め切りや目標を設定し一つの区切りとして取り組んでいます。

今回は、クリエイターコース、5月度発表会の作品を一部ご紹介します



キャラクターイラスト
5h3.jpg

「このイラストの色の塗り方は意識したのか、自然とこうなったのか?」
という意見が出ました。
同じ方向のストロークで塗ったところは綺麗だけれど、ズボンの陰になっているカケアミ部分が雑に見えてしまうとのことです。

描いたメンバーは、主線、塗り共にすべてデジタルツールを使用しています。
塗りに関してはアニメのようにベタ塗りをするとしんどいので、
アナログのように線画調に塗れないか試してこの形になったようです。

デジタルかアナログ、片方のツールだけで制作することに捉われる必要はありません
例えば、線画をデジタルで描きコピーして色塗りはアナログ、
また、線画を鉛筆やペンなどアナログで描きパソコンに取り込み塗りはデジタル、
と使い分けても良い訳です。

自分はどういう方法で描いたら、ストレスなく楽しく描けるのか、
ということを見つめなおすことが大事だと感じます。



エッセイ漫画
5h1.jpg

ブログを作って見てもらうことを想定に描いています。

漫画で大事なのは、「読みやすさ」です。

最初に読む気になるかどうかが重視され、人はそれを4~5秒で判断します。
内容はもちろん大事ですが、「読みやすさ」や「理解のしやすさ」が問われます。

この漫画は今までの漫画より読みやすくできるように、
コマ割りも4コマにする、吹き出しの位置など意識して描いたそうです
今回の発表会で「以前より漫画が読みやすくなった」
という意見があったことから、成果は出てきているように感じます。



組紐

5h2.jpg

ストラップやネコの首輪に使えるように制作しています。

編み方は3本とも同じですが、
配色は奇抜にせず、色々な人が使いやすいようにこだわっているとのことです。
よりまっすぐきれいに安定して編めるようにすることが今後の目標だそうで、
次回の作品も楽しみです

「何をどのようにするのか」という目標をきちんと立てて制作することは、
なかなか難しいと思います。

作品を毎回の発表会に出し続けるひた向きな制作姿勢やペースは、他のメンバーにも良い刺激になっています。



今回、主に取り上げられたのは「固定概念、すなわち思い込み」です。

自分の癖や経験からの思い込みで描いた時に、人に伝わらなかったり絵として魅力を感じないことがあります。

そういう時は、当たり前だと思っていることを見直すことが大事です。
改めて「自分の絵はどうなのか?」と向き合うことで、自分には何が足りないのか理解する一歩に繋がります。


例えば、人物や動物をデフォルメして描く場合、骨格や動きなど生物構造上おかしくないか、
他にも漫画を描く場合だと、一般的に使わない言葉遣いや誇張したポーズなどを描いていないか、

といった具合に見る人に違和感を感じさせず、楽しく作品を見せられるのかということです。

物事の常識やルールはきちんと意識しつつ、自分の個性を出して制作していけるかがクリエイターとしての腕の見せ所です


人とコミュニケーションを取る、物をよく観察する、普段しないことにも挑戦してみるなど、
視野を狭めずに行動することを常に心がけていきたいと思います。


一人だとできることは限られるので、色々な人に作品を見てもらったり、意見を交わすことは大事だと感じます。
作品を発表することは、人によっては恥ずかしかったり難しかったりしますが、
発表会という機会を有効的に活用していきたいです
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント