2017/05/19

3月度発表会

月に一度、アートデザインスクール天神橋では
スクールメンバーが作品を持ち寄り、その作品に対して
意見や感想を言い合う発表会が行われています!


今回は、クリエイターコース3月度発表会の作品をご紹介します。



猫や人物キャラクターのイラスト
1 (2)
「猫の顔つきを描き分けすることで、一匹一匹に個性が出て更に良くなると思う。」
という感想がありました。
描いたメンバーは「昔飼っていた猫がモチーフで、小さい頃から描いていた。
猫の顔つきの描き分けや種類を増やしていきつつ
人間のキャラクターも描きたい。」
と話していました。

描き分けは勿論、性格や世界観(住んでいる環境や舞台)等を考えていくと
キャラクターの個性が出てきますし、愛着も更に湧いてきます。
このキャラクターを使ってどう展開していくのか楽しみです。



ライオンのイラスト
22_20170423130657a58.jpg
「発表会で、みんなにイラストを見てもらいたい!という気持ちがあった。
楽しく描ける物は何かと模索して描いて出たのがライオンだった。」

描いたメンバーが話していました。

他のメンバーからは「この描き方で、ライオン以外の動物ももっと見たい」
「本物のライオンとはあまり似ていないけど、線に力があり
とても魅力的」
という感想がありました。

楽しくのびのびと描けたイラストは、線や色味から
描いた人の楽しい思いが伝わってきて、とても魅力的に感じます。
ライオン以外の動物がどんな風に描かれるのか見てみたいです。



ポストカード
6_2017042312534233b.jpg
「クラゲのポストカードの色合いが綺麗で好き」という感想がありました。
描いたメンバーは、水族館にクラゲを見に行ってきたとのことです。

自分の中で記憶している動物や物の姿が
実際に観察してみると少し違っていたということがあります。
描きたい物を実際に見たり触ったりすることで、毛並みや動き
物なら質感や重さ等を感じる事で、より良いイラストが描けると思います。



鬼の少年キャラクター
88_201704231319141b1.jpg
描いたメンバー曰く「和風や美少年、妖怪と
自分が昔から好きな物を集めて描いて楽しかった。
更に楽しく描けるように、人間キャラクターをどうすればもっと描きやすく
なるか工夫して描きたい。」
ということです。

イラストを描くにあたり、楽しいという気持ちは大切です。
悩んでいる時こそ、自分が昔から好きな物を改めて考えることが
大切だと感じます。



今回の発表会で特に思ったことは「パッケージにもこだわりを」ということです。


自身のキャラクターを使い、シールを製作したメンバーがいました。

7_20170512185828267.jpg

今回はOPP袋にシールを入れるパッケージをしています。
これを見た他のメンバーから
「シールの後ろに色紙等、台紙を入れるとシールがより
華やかに見えてより良くなると思う。
台紙の裏には、このキャラクターの説明を入れていると、
どんなキャラクターなのかお客さんにもわかって
良いんじゃないか」
という意見がでました。


商品は作って終わりではありません。
イベント等で売るために、その商品にあうパッケージを考える必要があります。

より良い商品を作ることは勿論ですが、それにあったパッケージを考え作ることで
商品が華やかになり、今以上に「ほしい!」と思える物になる
と感じます。

世の中に販売されている商品を見て、
どんなパッケージがあるのか、どうしてこんなパッケージなのか等も
勉強していきたいです。


イラストや商品製作をしている最中は、なかなかアイディアが出ず
悩む時もありますが、そんな時でも楽しむ気持ちを忘れずに
描くことや作ることを続けていこうと思います
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント