2017/04/07

2月度発表会 (後編)

引き続き、今回も2月度発表会の紹介です
前回の記事はコチラ→2月度発表会 (前編)



デザイン画
happyoukai5.jpg

花札から着想を経て、藤の花と蛇の目傘をモチーフにデザインしたとのことです。
特にこのデザインを何か商品にするために考えたわけではなく、
描きたい!という気持ちから制作しています。

以前は太い黒の主線で描いていたとのですが、
生活環境が変わって癒しを求めるようになり、
白の主線で柔らかい印象になるように心がけるようになったそうです。

作品は描いているときの環境に影響されやすいと思います。
疲れて気持ちが沈んでいるときは、筆が進まなかったり思うような絵が描けないことがあれば、
一方、ゆったりと落ち着いているときは、集中して描けて会心の作ができることもあります。
しんどい時は抱え込まず、気分転換をした方がいいかもしれませんね



キャラクターイラスト
happyoukai1.jpg

「ツリ目の女の子がかわいくて好き。」という意見がありました。

前までのキャラクターイラストは実際に見た人を描いていたので
少し硬くなっていたのかもしれないと、描いたメンバーは思っていたようです。

実際に見たものだけではなく、
そこに自分の好きなもののテイストを含めて描いていくと個性が出てきます。

好きなものは、顔や体の造形、性格などの内面的要素や仕草など何でもいいです。
自分の描きたいものを前面に出したほうが、見る人にもより明確に伝わるように感じます。

どこまで好きなものを絵に出せるかが大切です



キャラクターイラスト
happyoukai4.jpg

普段は、カバンやポーチなどの雑貨を作ることが多かったので
この絵は息抜きで描いたとのことです。

「久しぶりにこの絵柄で描いてストレス発散にもなって、楽しかった
と言っていました。

絵を描くにおいて、楽しむ気持ちがやっぱり大事ですからね。

普段の制作が好きなことでも、たまには違うことをするのも必要です。
違うことをすると視点や気持ちを切り替えることができるので、普段の制作のヒントや新たなアイディアに繋がります。



組紐
happyoukai8.jpg

組紐とは、複数の糸を織り込んで作った紐のことです。

今回の発表会でこの作品を見たメンバーが
「靴紐を作って、靴をデコパージュすれば新しい作品ができるのではないか。」
と提案すると、制作したメンバーは、靴のアイディアは思いつかなかったようでとても関心を示していました。

興味のあることに何でも挑戦していく姿勢は、本人だけではなく周りの人にもやる気を与えてくれます
次の作品がどんな風にできるのか楽しみです



今回の発表会で特に印象に残ったのは
「趣味と仕事(実益)について」

絵の仕事に興味があって、趣味で絵を描いている人の中には
・本当は絵で生計を立てたいけど言うのが恥ずかしい。
・仕事にするには自分はまだまだだと、謙遜して制作している。

場合が多く感じます。


また、時間や内容に制限されず自由に制作したいから、仕事にするには考えていないという方もいると思います。

どんな場合であれ、絵を描くことが好きなことには変わらないはずです。
趣味と仕事で、制作に対する本気度が違うことはありません

実際に趣味から始めて作ったものをSNSにあげたところ、
制作者同士のコミュティが広がった、実際に商品化したという話や
イベントで販売したら、注文が入るようになったという話を聞いたことがあります。

また、有名なピーター・ラビットは、著者が知り合いの息子に送った絵手紙が評判が良く、
出版のきっかけになっています。
どれも稀な事例かもしれませんが、絵を描いたり制作が本当に好きで作品を人に見せたからできることです。


作品にしたからにはもっと世間にアピールすべきだと思います。

自分の作品を見てくれた人が、笑顔で楽しそうにしてくれると嬉しくなります
人と共有できると嬉しいですし、もっと楽しんでもらえる作品にしよう!とやる気になりますしね。



発表会は、自分の作品を他のメンバーが客観的に見て意見を出してくれることも
人の作品を見ることも勉強になるのでドキドキしておもしろいです。
作品を良くするチャンスとして、発表の場を大事にしていきたいです
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント