FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018/11/09

10月度発表会

アートデザインスクール天神橋の月に一度の発表会。

急に冷え込むなか、風邪に負けじと会員達は作品を持ち寄り、
意見や感想を出し合いました。

今回は、クリエイターコース
10月度発表会の作品の一部をご紹介します。


デッサン
10-6.jpg

デッサンにおいて「手」は、
身近でありながら描くのが難しく奥の深いモチーフです。

静物デッサンと違い、手首や指、掌の向きや関節の曲げ具合から
何をしているところなのか、これからどう動くのかといった連動性を
1枚の絵に表現しないといけません。

普段から見ている「手」をじっくり観察することは、
他の静物や生物もしっかりと注意深く意識して見るようになると考えています。


虫の写真
10-7.jpg

東京や滋賀で撮影したものだそうです。
虫の仕草や表情が可愛らしいと、発表会では好評でした。

写真も絵も、対象物のへのこだわりや見せ方が問われます。
どのように見せたら人に対象物の魅力が伝わるのか、興味を持ってもらえるのか、
意識することが大切です。

会員の虫への愛情は、毎回作品を見てよくわかります。
展覧会を開く、本にする、SNSで発表するなど作品を世間に出す方法は様々です。
今後は、これ等の作品をどのようにして市場に展開していくのか楽しみです。


イラスト
10-1.jpg

パフェ、クリームソーダをそれぞれ擬人化したイラストです。

「イチゴのパフェがパッと見て何なのかわからなかった。」という感想が出ました。

描いている本人の好きなものは、その人の知識やこだわりが絵に出すぎて、
人に伝わりにくいということがあります。
こだわりがあるというのは素敵で大切なことですが、
何を描いているのか相手を混乱させては作品としては成り立ちません。

みんなが知っているものを描くときは記号化した方がいいです。
今回の絵なら一目見てイチゴパフェとわかるトッピングを意識して描くといった具合になります。

会員が食べ物と可愛い女の子が描きたい!という意欲がひしひしと感じるので
お店のメニュー表ができるぐらい作品がもっと見たいです。


水彩画
10-2.jpg

「色がキレイ。」という感想があり、描いた会員も気に入った色味が出せた作品です。

ただ色にこだわりが強い分、何を描いたのかがわからないという意見もありました。
今回の絵は、モチーフがあるものをイメージで描いたとのことで、
上が「コップに注がれた水」で、下が「沖縄の海」がモチーフになります。

自分が得意とするものを強調したり、目を惹くようにすることは良いですが、
見る人にキチンと伝わる作品というのが前提です。


描いた会員曰く、
原画としての保存性のために耐久性のあるこちらの青い絵の具を使用したとのことで
キレイな青色を作品に出す、という目標があったそうです。

目標は制作において必要ですが、それに囚われすぎてもいけないな、
と絵の難しさを改めて実感しました。


イベントグッズ用イラスト
10-4.jpg

ほうきやカボチャ、コスチュームからハロウィーンを題材にしたとことがわかります。
しかし、
「キャラクターが何を目的にどこに向かって飛んでいるのかわかるようにしてほしい。」という感想がありました。

構図や背景、小道具など人に状況や世界観をわかりやすく伝えることが、絵では大切です。

例えば、「キャラクターの下に街を描いて世界観や行動を示し、街→キャラクター→月へと視線を誘導するという感じで描いたほうがいいのでは?」という指摘がありました。

描いた本人が周りの意見をどう受け止めるかによりますが、
作品を見てもらい気になるところの意見をすぐに聞けるのは、発表会の強みだと思います。

思い入れのあるキャラクターとのことなので、
絵もグッズもどんどん制作していってほしいです。



今回印象的だったのが、「意識する」ということです。

人が見てわかりやすい絵は、何を描いているのか常に意識しないといけません。
絵というのは、描いて終わりではなく人に見せてこそ価値があります。

また、描いているものがどんなものなのか普段から意識することが絵には出ます。
例えば工業製品ならどんな素材でできて、どこで作られているのかと改めて見つめ直すべきです。


今回の発表会に参加して、
「オリジナルキャラクターを設定するにあたって、性格の基盤となる人間関係や生活環境なども
見る人にわかるように考えて作品に上手く表現したい。」と会員から感想がありました。

発表会は人によって感じることや捉え方は違いますが、絵を描きたい!という気持ちはみんな同じだと思うので、
制作にどんどん活かしていきたいです
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。