FC2ブログ
2018/09/21

8月度発表会

毎月恒例の発表会。
発表会では、アートデザインスクールの会員達が作品を持ち寄り、
意見や感想を出し合う機会になっています。

今回は、クリエイターコース
8月度発表会の作品を一部ご紹介します


デッサン
8hapyyou5.jpg

8hapyyou6.jpg

「びくびくしながら描いてしまい、筆圧調整ができていない。」
「描き続けてきたので、今までに比べたらきれいに描けている。」
「モチーフの重さや質感が感じないので、明暗差をハッキリ描く必要がある。」
といった意見が出ました。

形や質感、構図、空間の把握などの表現は、人によって得意不得意があります。
自分の作品や商品を制作するにあたって、
苦手なことを完全に避けていくのは難しいです。


デッサンでは、苦手なことは浮き彫りになるだけではなく鍛えていくこともできます。
デッサンをするにあたって、自分は今回どう描くのかを決めることが重要です。

「形をとるのが苦手だから、そこを重点的に描きたい。」
「オリジナルのイラストに活かせるように構図の取り方をしっかりしたい。」
といった具合に意識していかないと、
ただ目的もなしに描いても正直なかなか身につかないと思います。


設定書
8hapyyou1.jpg

こちらは、キャラクターを描いたら設定を作りたくなって書いたとのことです。

設定書は
「どれだけ設定として出せるか?」
「わかりやすく伝わるか?」ということが大切です。


口頭での説明があったのですが、設定書を見ただけで伝わらないと意味がありません。

世界観、キャラクターの性格や関係性といった具体的な設定をもっと練ったものが
仕上がるのが楽しみです。


商品アイディアスケッチ
8hapyyou2.jpg

猫をモチーフとした商品案です。
アクセサリーやポーチなど、92点もの案が並びました。

数を出すことはもちろんですが、
その中から自分のお気に入りを考え選び抜くことが必要です。

実際にお店に並んでいる商品をじっくり見て、
どういうものが市場に出て売れているのかマーケティングしないと企画は難しいです。

ただ商品企画において、流行や万人受けすることに囚われず、
「自分がほしいと思えるのか」ということを大事にしてほしいと感じます。


イラスト
8hapyyou4.jpg

「原画と個展で貼りだしていたパネルの色味が違うのがもったいない。」という意見が多くありました。
印刷前の編集の仕方が問題なのでは?ということでした。

作品を原画だけで市場に出すことは少ないです。
雑誌や書籍の挿絵、ホームページのイラストや動画、店舗のデザインなど、
様々な媒体で作品は展開されています。
媒体に合わせて、
人への見せ方を考慮した展開や編集をキチンと考慮する必要があります。


作品は描いたら終わり!ではないことを認識しないといけないですね。



「人に見せる」ということの重要性を発表会を通して感じます。

自分の作品を人に見せることで、気づかなかった発見があったり、
人の作品を見て意見をいうことで、伝わりやすい言葉を考えるようになっていきます。

作品が完成していても途中でも、気軽に作品を発表会に出して人に見せる機会を大事にしていきたいです
スポンサーサイト
2018/09/14

7月度発表会

今回は、アートデザインスクール天神橋
クリエイターコース7月度発表会の作品の一部ご紹介します。

発表会ではスクールの会員が作品を持ち寄り、感想や意見を出し合います。


今回出た作品はこちらです

イラスト
5_20180807021444100.jpg
クレヨンと水彩を使って描いたイラストです。

このイラストを描いた会員は
「最近の自分が描くイラストは
技法や色彩の具合がビジネスを気にしていた所があった。
今回は昔描いていた画材や技法で仕上げた。」と言っていました。

ビジネスで描くものと自分が描きたいものが違うことはよくあります。
それはモチーフであったり技法や画材等様々です。


「今は描き方を気にせず、ビジネスで描くものも
自分が描きたいものも良くしていきたい」
と言っていたので、今後どんなイラストが見れるのか楽しみです。



6_201808070214456eb.jpg
「キャラクター達の能力、性格や関係性、時代背景といった世界観等
設定を考えてイラストを描いた。」とのこと。

他の会員から
「設定を聞いていると面白そう。このイラストだと少し分かりづらいと感じたので
もっと設定を活かしたイラストが見たい」と感想がありました。

イラストはその中で世界観や人物の設定を表現しなければなりません。

どれだけ設定を考えても、それが活かされていないと勿体ないと感じます。
どんなキャラクターなのかを、わかりやすくするために特有の動きや表情を入れると
世界観や人物にぐっと魅力が出ます。

ワクワクするような設定なので、どんどんイラストを描いて見せてほしいです。



7_20180807021447399.jpg
「オリジナルキャラクターの日常や関係性を描きたかった。」とのことです。

他の会員から
「キャラクターにもう少し魅力がほしい。
世界観やキャラクターのことがわかる物があればより魅力的になる」
と感想がでました。

キャラクターの魅力を伝える手段は、絵本やグッズ展開等他にも色々あります。
どんな手段が自分にあっているのかを考え発信していくことが大切です。


「キャラクターの設定をもう少し練って自分に合う方法で発信したい」
と言っていたので、今後の展開が楽しみです。


1_20180807021438ad8.jpg
オーストラリアに生息するウォンバットという動物を
モチーフにしたキャラクターです。

「ウォンバットがゆるいのに対し、文字が丁寧に書かれていてギャップが面白い」
と感想がありました。
このキャラクターを描いた会員は特に意識していなかったとのこと。

意識せずにぱっと出た物は、その人の持っている個性です。
何に使うかどんな媒体で展開するのか、今は考えずに
どんどん描いてほしいです。



商品のラフ案
4_20180807021442162.jpg
猫をモチーフにした商品のラフ案です。

「コンセプトの段階なので、もっと思い切った物を考えてほしい」
と感想がありました。
このラフ案を描いた会員は
「材料や作り方等、自分ができる範囲を考えてデザイン案を考えた。」と言っていました。

自分ができることを認識していることは大事だと思いますが
そればかりに囚われているとアイディアの範囲が狭まり、面白いものはできません。


実現可能かどうかはさておき、まずはアイディアをどんどん出していき
それから理想の形に近づけるにはどうしたら良いかを考えてもいいのではないかと思います。



クロッキー
3_2018080702144165c.jpg
「オリジナルイラストを描いた時に
手を描くことが一番下手だと感じ練習している」とのことです。

手は角度が違うと様々な見え方をするので、なかなか描くのが難しいなと感じます。
上手く描けるようになるには、手の形を覚えるのではなく
関節がどう動くのか等、手の動きを覚えることが大切
です。

苦手な物を練習することは大変ですが
好きな物を描く等して、息抜きしつつ頑張ってほしいです。



今回の発表会で、特に印象に残ったことは
絵は終わりがないので、どこで終わらせるのかを自分で考えて描く
ということです。

2_20180807021439b8e.jpg
デッサンが数点出ていたのですが
会員から、「自分の中では描き込んだつもりだったけど
もう少し描き込み等できることがあったのかなと思った。」
という感想がありました。

デッサンに限らず、絵全般に言えると思いますが
絵を描いていると、やりたいことが多くこだわりがつきないと思います。

こだわることは作品をより良くするために大切なことです。
しかし次から次へとやりたいことが増え
それでは中々完成が困難になります

「今回のデッサンでは質感を表現したい」
「今回描くイラストでは、特に人物の表情を柔らかく描きたい」等のように
自分で目標や完成イメージを決め、終わりを考えて絵を描くことが大切です。


今年も残り約3か月半になりました。
月日が経つのは早いものですが、焦らず前向きに、発表会という場で
自分の作品と向かい合っていきたいです