FC2ブログ
2018/02/03

12月度発表会

今回はアートデザインスクール天神橋筋のクリエイターコース、
12月度発表会の作品を一部ご紹介します。

2017年最後の発表会ということで、
より多くのメンバーが作品を持ち寄り意見を交わしました


クロッキー
12h7.jpg


「上半身と下半身を見ている位置(目線)が違う。」
「線と勢いで描くと人間としての形がおかしい。」
「線を何本も重ねて描いているけれど、
キチンと一本の線で描いて形を取ることが大事。」
と厳しくも感心させられる意見が出ました。

クロッキーは、体の一部を誇張して描いたり、描く人の癖が顕著に表れます。
スクールのクロッキーは2分~30秒という短時間で行っています。
時間がなくて焦るかもしれませんが、落ち着いて描くことが大切です



デッサン
12h6.jpg

今回のモチーフは「ガラスの工業製品」でした。
陰影の幅やタッチによっては、
ガラスではなくプラスチックのような質感になってしまいます。

ガラスならではのハイライトを活かすための陰影、
ビンやグラスの飲み口や底の形の見え方といった厚みの表現など、
一つのモチーフについて情報をしっかりと描くことが必要です。

タッチが一方向にならないようにする、鉛筆の濃さを変えるなどして、
モチーフの立体感を出す意識をして描くことが、デッサンにおいて基本となります。

デッサンは基礎であり、絵を描くうえで厳しくても避けて通ることはできません。
描いた物の形の狂いや質感など、
実物との誤差は例え数ミリ単位であっても見る人にはわかるものです。
創作をするうえでデッサンによる見て描く力を養うためことは欠かせないので、
スクールでは気合を入れて取り組んでいるカリキュラムの一つです。



クリアファイル、コースター、ストラップ
12h3.jpg

「同じキャラクターのイラストを使っているのに、
コースターとクリアファイルの雰囲気が違うのは何故か?」
と疑問を持つメンバーがいました。

コースターに描かれている絵は一色で小さく、
クリアファイルの方では一面に大きく描かれています。

紙に描く絵と商品に入っている絵は見せ方や方向性が違ってきます。
例えば、商品に入れる絵が大きいと子供っぽく見えるので、
小さい子供向けの商品ではそのように描かれている物が多いです。

ですので、
誰が (年代や性別など)
どういうところで (職場や学校、家など)
どういう時に使うのか (仕事中、外出時など)
を考えて、商品を企画して、それに合わせた絵を描き製作することが必要です。

ただ、物には個人の好みがあります。
試しに商品を作って売ってみても、
男性に好評だった、お客さんに学生が多かったなどは鵜呑みにしないで、
販売を経験し、マーケティングを重ねることで商品の方向性が見えてくるものです



ラフ画、ポストカード
12h4.jpg

「他の緩いタッチの物と違い、
フクロウのイラストが人受けを狙って可愛く描いているように見えてしまう。」
という感想がありました。

描いた本人曰く、
「顔のパーツなど誇張して描いてしまうところがあるので、
癖をなくすために自分で撮影した写真を参考にして描いた。
受け狙いを意識したところはある。
ただ、可愛らしさよりもキリっとしたフクロウを描いたつもりだ。」とのこと。

絵を感じてほしい意図通りに描いて見せるのは難しいです。
本人が描きたいものを迷っていたり、
根本的なテーマを持たず安易な受け狙いで描いてはできません。

人に絵を見せるからには良い評価をもらいたいのは当然です。

ただ、そこばかり気にしては自分が好きなことをやっているのに楽しくありません。
独りよがりは良くないですが、「自分はこれが描きたいんだ!」
という気持ちを絵にぶつけた方が楽しいと思います。
自分が楽しくないと相手を楽しませることはできないですからね



イメージイラスト
12h1.jpg

「どういう状況のイラストなのかがわからない。」という意見がありました。

こちらは、後ろの女の子とお化けたちが、
手前の妖精たちを罠にかけて捕まえようとしているところだそうです。

キャラクターや世界観など設定をを練るのはもちろんですが、
何を見せたいのかをわかりやすく1枚の絵に収めないと、
人には受け入れてもらえません。


例えば、小説の挿絵なら、状況をより深く想像させるために、
説明書や教科書の図解なら、内容をより分かりやすく説明するために、
広告やポスターの絵なら、興味を持たせて販促につなげるために、
といった具合で、それぞれ目的や意図がハッキリして1枚の絵に収めています

どうしたらわかりやすいかを心がけて絵を描き、
作品として人に見せていくことを経験することで、表現方法は身についていきます。



イメージイラスト
12h2.jpg

女の子はリンゴの妖精で、
リンゴのフォルムがかわいいと思って題材として描いたそうです。

「色がキレイ。」
「アップルパイは断面のリンゴがばらけている方が美味しそうに見えると思う。」
と絵柄や彩色についての感想がありました。

他にも
「リンゴをモチーフにした装飾は作家のこだわりが見える。」という声があれば、
「リンゴのモチーフで統一するのは、安直すぎるのではないか。」との意見があり、
ひとりひとり感じ方や考え方は様々で、聞いていて興味深く感じました

人に絵を見せることは自分ひとりでは気づかない視点や表現方法を発見できるので、
少しドキドキしますが、おもしろいです。


「妖精が持っているフォークが刺さっていないように見えるので、
行動や小道具も意味合いを考えて描いた方が良いと思う。」
といった意見は、他の人から言われないと気づきにくいですよね。



今回発表会で特に感じたのが
「作品から描いた本人の意図することが見る人に伝わっていない」ということ。

せっかく描いた絵でも、
見る人に何を伝えたいのかがきちんと伝わらないと作品としては成立しません。

キャラクターや世界観をよく見せるには
絵としての構成や構図の見せ方、彩色方法、背景や小道具の意味合いなどを
しっかりと考えて描く必要があります。

そのためにも絵は最後まで描き上げることが大事です。
完成させないと、その絵の良いところ悪いところがわからないからです。
自分の苦手なことや課題が見つかれば、絵の質や技術の向上に繋がります。

月に一度の発表会では、ラフ画ももちろん出しても問題ありません。
ただ、一ヶ月という期間も意識して完成させた作品を出すことは、
絵を仕事にするうえでの基盤となると感じています。



次回の発表会は、
2018年最初のメンバーみんなに作品を見せられる絶好の機会です。
年初めに作品を出して勢いをつけていきたいです
スポンサーサイト

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。