2018/06/01

4月度発表会

季節の変わり目で体調を崩しやすい今日この頃。
制作は体が資本なので、体調管理には気を付けたいものですね。

そんななか気温差に負けるか!と
アートデザインスクール天神橋での月に一度の発表会では、
メンバー達は作品や意見を出し合いました。

今回は、クリエイターコース4月度発表会の作品を一部紹介します


ポストカード
水彩画の淡く透明感のある色彩が目を惹きます。
ポストカードは、イラストを前面に出した商品としてコスト面などを考慮すると
生産しやすいものです。
ただ、ポストカードだけでは商品展開としては弱いので、
今後の商品企画や方向性を考える必要があります。
4h1.jpg


キャラクターデザイン
人からの依頼のため設定ありきで描いたものだそうです。
線画だけでもキャラクターの性格や個性が分かるとワクワクします。
カラーになると一気にイメージが変わってしまうこともあるので、
完成がどうなるか楽しみです。
4h-4.jpg


商品試作品
シルクスクリーン(印刷の一種)で布にイラストを刷ったものになります。
シンプルなイラストと帆布に対してのインクの乗り具合など、
落ち着いた雰囲気に魅力を感じます。
刷る作業よりも、デザイン案を考えたり版を制作するなどの準備が大変だそうです。
布以外に木やコルクにも刷っていきたいとのことで、
どんどん商品化していってほしいです。
4h-5.jpg


デッサン
今回の発表会では、特にデッサンを出しているメンバーが多く感じました

4h3.jpg

4h-2.jpg

「輪郭線が強いので、陰影で描くことを意識すること。」
「使う紙の質によってタッチが粗くなりやすいので、紙選びも必要。」
「紙の余白もデッサンには大事で、構図は最初にしっかり決めないといけない。」
「モチーフに対して、どこまで描けるか追及しているのが垣間見えて良いと思う。」

など、意見や感想が出ました。

デッサンで見かけるのが
「これくらい描いたらいいかな?」と不安や自信がなくあまり描きこんでいかないこと。
むしろ「これ以上描いてやる!」の気合で描いていってほしいです。
たまに逆で描きこみすぎて、紙が真っ黒の人も見かけますけれど。

大事なのは、失敗してもいいのでガツガツ描くことです
失敗は誰だって怖いし、したくはありません。
しかし、練習や訓練では成功より失敗の方が学ぶことが多いと感じています。

失敗を恐れて何も描かない方がもったいないです。


正直、デッサンは苦手だ、自分が描きたいものだけ描きたい、
という人も多くいると思います。
それも良いとは思いますが、客観的に自分の絵を見返したり、技術向上の一環として
たまには基本に振り返りデッサンをしてほしいです


繰り返し行った経験が作品や商品に活かされます。
絵は地道に描いた分だけ成果が出ます。


「何事も経験あるのみ!継続は力なり!!」という気持ちで
制作に励んでいきたいですね
スポンサーサイト
2018/05/25

3月度発表会

アートデザインスクール天神橋では
月に一度、スクールメンバーが作品を持ち寄り
感想や意見を出し合う発表会を行います。

今回はクリエイターコース
3月度発表会の作品をご紹介します。


デッサンとクロッキー
デッサンやクロッキーで、物をよく見て描く練習をすることにより
オリジナルイラストで物の特徴を捉えて描くことができるようになります。
苦手な人も多いかもしれませんが、コツコツと腕を磨いていきたいですね
4_20180412215541263.jpg

3_2018041221554040b.jpg


エッセイ漫画
最近では育児やダイエット、趣味のこと等様々な題材のエッセイ漫画があります。
画像の漫画は旅行記です。
海外旅行での体験や、本人の気持ちがリアルに伝わって面白いなと感じました
将来的にブログを開設して、漫画をアップしていきたいとのことなので楽しみです。
1_2018042418462844a.jpg



今回の発表会で印象に残ったことは
背景や小物もイラストの世界を伝える手段の1つということです。
2_20180412215539c8d.jpg

特に、そのことが伝わったのが
こちらのモンスターと女の子を中心に描いている作品です。

他のメンバーから
「サッカーのイラストのように他の3枚にも背景がほしい」と感想が出ました。

4枚のイラストを見比べてみると右上のサッカーのイラストが
一番状況がわかり映えていると、私も感想を聞き感じました。


背景や周りにある小物等を描くことで
描かれたキャラクターがどんなキャラなのか
どこで何をしているのか等
キャラクターの環境を説明することができます。


環境を説明することで、キャラクターのことが詳しくわかるため
イラストを見た人が、その世界に入り込みやすくなり
より楽しんでもらえます。

今後も、発表会でメンバーの作品を見ることで刺激をもらいつつ
日々のデッサンや、クロッキーで腕を磨き
自分が描きたいイラストの世界をより広げていきたいです
2018/04/27

hisa個展 「MONSTER & GIRL」

みなさん、初めましてイラストレーターのhisaです。


この度、アートデザインスクール天神橋にて、
初個展MONSTER and GIRLを開催させていただくことになりました。


僕のイラストは、主に一つ目の大男、ツノやキバを持つ生物と
女の子をモチーフとして描いています。

hi1.jpg

今回の個展の作品では、
単眼や複眼、人とはまったく違う個性を持つことへの憧れ、
ツノ、キバを持っていることで力強い存在でありたいという憧れ、
女の子と仲良くなりたいという僕の気持ちが、初めて形になったものだと思っています。

hi2.jpg

hi3.jpg


絵の中のキャラクター達は、人と違う見た目をしていますが、
家族がいて、アイスを一緒に食べる友達がいます。
そしてスポーツだってします。

彼、彼女達は人とは違う存在ですが、
人と変わらない部分を見て身近に感じてもらえると嬉しいです。

展示以外にもポストカードの販売も致します。

ご興味のある方、是非お越しください。

hi4.jpg

開催期間
4月29日(日)~5月6日(日)
open 12 : 00 - close 19 : 00 (最終日のみ18 :00 )※入場無料

個展開催場所
会場:(株)デザインソリッド1Fギャラリー
※アートデザインスクール天神橋と併設となっております

地下鉄『天神橋筋六丁目』駅 11番出口から徒歩8分
会場詳細はこちら⇒(株)デザインソリッド


2018/04/06

2月度発表会

今回はクリエイターコース
2月度発表会の作品をご紹介します

発表会では、月に一度作品を持ち寄り
アートデザインスクール天神橋のメンバーで意見や感想を出し合っています。


今回出た作品の一部がこちらです。

デッサン
物を観察して描く訓練です。
構図、形や陰影、質感など創作においての基礎を鍛えることができます。

2hapyo1.jpg


イメージイラスト
1枚のイラストの中には、
クリエイターの世界観やキャラクターの性格や関係性などが詰め込まれています。
見る人に何を伝えたいのかわかりやすいことが求められます。
アートデザインスクールでは、比較的この形で創作する人が多いです。

2hapyo4.jpg

2hapyo3.jpg


商品企画案
自分が描いた絵はどのような商品になれば売れるのかを考えます。
商品のイメージやアィデアを描き起こし、
市場ではどういうものが求められているのかを把握し、
具体的な商品の形にしていきます。

2hapyo6.jpg

2hapyo5.jpg



今回特に印象に残ったものが、こちらの虫のイラストです。

商品企画案と虫のイラスト
2hapyo2.jpg


こちらのイラストを見たメンバーからは
「虫に対する愛情がすごく伝わってくる!」という感想が多く出ました。

小さい虫の脚の節や突起など、肉眼ではわからないところも丁寧に描いているのが
描き手のこだわりや虫に対する認識を感じます。

虫をモチーフにして、人に嫌悪感を与えず、
尚且つかっこよく見えるようにデフォルメするというのは、
好きじゃないとなかなかできることではありません。


創作にあたって、技法や絵柄、構成やセンスなど求められるものはたくさんあります。
そして、自分が描いているモチーフやテーマにどれだけ気持ちを込められるのか、
ということも創作にはとても大事なことです。

自分は何が好きなのか、どんな作品を作っていきたいのか、
改めて見つめなおす必要があります。


発表会では作品だけではなく、
なぜ自分は絵を描くのかという根源にも触れることが多いです。

絵に関する疑問や悩みは描いて人に見せて話すことで解決していきます。
発表会に作品を出すことで、絵に関する問題が解決できるよう活かしていきたいです
2018/03/29

1月度発表会

アートデザインスクール天神橋では
月に一度、メンバーで作品を持ち寄り感想や意見交換をする
発表会を行います。


今回は、クリエイターコース1月度発表会
作品の一部をご紹介します



デッサンとクロッキー
デッサンとクロッキーは基礎であり、オリジナルイラストを描くうえでとても大切な物です。
アートデザインスクールでは月に1,2回カリキュラムの一環として行っています。
初めての人や苦手な人でも、アドバイスをもらえるため安心です。
2h1.jpg

2h2_20180319201956bfb.jpg


商品の試作品
イラストだけでなく、商品を製作、販売をして生計を立てたいメンバーもいます。
今回出たカゴの試作品が、どのようになるのか完成が楽しみです。
2h4.jpg


イラスト
発表会では、ラフから完成させたイラストまでメンバーの様々な作品が並びます。
他の人の作品をみることは楽しいですし
自身の創作意欲も刺激されやる気が出ます。
2h3.jpg



今回出た作品の中で、特に印象に残った物は
女の子とワニが描かれているイラストです。

2h5.jpg

「女の子とワニの描き込みの量が違うため、ワニが浮き違和感がある」と
メンバーから感想がありました。

好きな所は楽しくて無意識に描き込んだり
資料を見ながらだと不慣れなため
ついつい描き込みがちになることがあります。

キャラクター、背景、小道具等、一枚の紙に複数のモチーフを描く時は
全部を同時に描いていくと、描き込みの量を均等にすることができるので
このような失敗も防ぐことが可能です

しかし、イラストによってはメインを目立たせるために描き込み量を多くしたり
わざと背景やメイン以外のキャラクター等を、あっさり描いたりと
必ずしも均一にする必要はありません。

目立たせたい所がどこかを考え
全体のバランスを見ながら描いていくことが大切だと感じます。



今回は、新年一発目の発表会でした。
今年も発表会で、感想や意見交換をし刺激をもらいつつ
メンバー各々でイラストや商品のクオリティを高めあっていきたいです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。